太陽光発電を最安値で設置しませんか〜SUNエネルギーで電気蓄積〜

売電する方法

外壁

太陽光発電によって発電された電力は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度によって、電力会社に買取ってもらう事が出来ます。また、電力を売る場合は2種類の方法があるので、どちらかを選ばなければいけません。
一つ目の売電方法は、全量買取制度という方法です。
この制度は平成24年から実施されている制度で10キロワット以上の設置が義務付けられています。
また、1キロワット当たりが37.8円に設定されており、買取期間は20年間有効になっています。

そしてもう一つの売電方法が、一般的な余剰電力買取制度です。
こちらの条件は、10キロワット未満の設置となっています。また1キロワットの買取価格は37円になっています。
買取期間も10年間と少なくなっていますが、売電をメインに考えないのなら特に不都合が生じる事はありません。一般家庭の太陽光発電システムは住宅の屋根という限られたスペースに設置されているので、平均して3~4キロワット程度になります。
ですから、ほとんどの家庭は全量買取制度ではなく、余剰電力買取制度によって売電する事になります。

せっかくの太陽光発電システムでも、最大発電量が少なければ意味がありません。ですから、太陽光発電システムを取り付ける前に、どのメーカーにするかを決めなければいけません。自分で決める事が出来ない場合は、電気工事業者に相談してみると良いアドバイスを受ける事が出来ます。
電気工事業者は、太陽光発電に関してはプロといっても良い程の知識を持っています。なので、住宅や屋根の形状・立地条件などを含めて、的確なアドバイスをしてくれます。
もし、メーカー選びで迷った時は電気工事業者に相談をしてみて、それからメーカーを決める事です。